ボールタップの交換方法

水が止まらないトイレのトラブルはボールタップの交換が必要な場合が多いです。元栓をしっかり締めてから部品交換を行いましょう。

トイレトラブル対策

ボールタップの交換方法

レバーの先に浮き球があり、水面の上下する力と浮力により、付け根の弁が開閉し給水する仕組みがボールタップで単式と複式のボールタップがあります。

トイレのトラブルで、レバーは上がっていないのに水が止まらない、タンク内の水の量は変化もないのに水が止まらないという場合はボールタップの異常を疑って交換が必要になります。

ボールタップの交換にはいくつか段階を踏んでの作業が必要になり、まずは元栓を確認し、水を止め、水の量を調節するのでまずは元栓をしっかり閉めることが大切で閉め忘れたり、閉め方が甘いと、タンクから水が溢れてしまう危険があります。

必要な工具はマイナスドライバーになります。

止水栓はマイナスドライバーで時計まわりにまわすと閉まっていきますので止水栓の位置を確認しましょう。

止水栓の位置がわからない場合は説明書をよく読むと記載してありますので万が一わからない場合は、サポートセンター等に相談しましょう。

タンクのふたを開け、タンクの水位を見ながら水抜きをし、水位が下がり、水が抜けたらレバーハンドルを回してボールタップを持ち、タンクから出ている管についた袋ナットとツバ付きナットを外したら、タンクからつながる外側の管が取れるのでボールタップを引き抜き、取り出した部品を新しいものと交換し、外した部品や管を元に戻していきます。

タンク内の水位を調整し、タンクのふたを閉めればボールタップの交換は終了ですので、止まらなかった水が正常な状態に戻っているかチェックをしてみましょう

ボールタップCHECK≫≫


Copyright (C) www.astabe.com. All Rights Reserved.

トイレトラブル対策